小鶴のこんな女はモテないのだ!★女性Webマガジン★

HOME マイスタイル ブログランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 5info ログイン

小鶴のこんな女はモテないのだ!

モテない女 D子の場合 Vol.5

 

彼女の名前はD子。 ルックスもそこそこで、女の子たちにも人気がある。少しすっとぼけたところもあり かわいらしいイジられキャラの女の子。そんな彼女は常に 「お前っていいやつだよな〜」「男だったらよかったのに…」といわれてしまう。 どうしてD子は「いい友達」扱いされてしまうのか?!

 

■D子は自意識過剰な「勘違い女」

 

ある日のこと――。 女子同士で食事に出かけたときのこと。 D子は店内をチラチラ見ている。 食事をしながら楽しいガールズトークの合間にD子は怪訝そうな顔で みんなに話を始めるのだった。

 

「あっちの席の男たち、こっち見てるって!!」 みんなは一斉にD子の指さす男の子たちを見る。 そしてみんな口を揃えてD子につぶやく。 「誰もみてねーよ」 それでも「絶対、私たちを見てるって!!」と言い張るD子。

 

そんなD子の予言があたったように、男の子のひとりがこちらに歩いてくるではないか!!D子「やっぱりでしょー」というようにドヤ顔。 するとその男の子は、D子たちの席を通り越して、その奥にいた女子に声をかけるのだった……。

 

そう、「こっち見てる」がD子の口癖。 その自意識過剰っぷり、勘違いっぷりはもう笑いのネタでしかなく、いい女には程遠いキャラを確立しているのだった――。

 

■小鶴の分析

 

ちょっと前に女芸人Aさんが「どこみてんのよ〜!!!!」というギャグで売れたことを思い出します(笑)もうこのレベルの勘違いっぷりは、“ネタ”にしか考えられません。友達としてはいいんだけどな〜と言われるのは当然でしょう。

 

しかも余談なのですが、このD子ちゃん。まだまだ伝説を持っているらしく……。元彼を振ったら「元彼の生霊を見た!!」とか「私は男の人に手が触れると、その人の下半身の色・形すべてが見える」などオモシロ発言する子だそう。 きっとD子ちゃんは、普段みんなが拾わない電波もキャッチする 「超敏感女」なのでしょう。

 

元彼の生霊も 「あ〜あ〜。付き合いたかったな〜。あ〜好きなのにな〜」 って耳元でささやいたらしいです。生霊のイメージが明るい明るい。 それはキャッチするD子ちゃんの底抜けな明るさのせいなんでしょうか?! このいいキャラは残しつつ、モテ女になるには、もう少し“ミステリアス”な部分を持つことだと思います。 (ま〜ある意味D子ちゃんの存在がミステリーなんですが……)

 

そして“肌に触れるだけで見えてしまう”「ピンポイントエスパー」っぷりを極め、 まだ付き合う前の好きな人の「あそこ」を事前に教えてあげる商売をはじめたらいいと思います。がんばれD子ちゃん!! ちなみにD子ちゃんは「肌のキメとしっとり感」で男子のあそこが見えるそうです。(笑) 恐るべし「ピンポイントエスパー」 モテる日がくることを祈ってます!!ハイ。

 

■小鶴

■映像作家・ライター

■ブログ 「温かな桃〜小鶴の寝床〜」

■詳細を見る 5styleID : koduru

■福井新聞社特別企画「福井仁の一週間」(津田寛治さん主演) シナリオ・助演出。

■2003年まで女優として主に舞台を中心に活動。 現役JRA騎手との結婚を機に引退。 3歳になる一児の母でもある。 福井県ブランド大使。



運営会社  ご利用規約  個人情報保護  広告掲載について  各種募集のお知らせ  ヘルプ
Copyright(C) 2007-2012 Total theory Inc. All Rights Reserved.