小鶴のこんな女はモテないのだ!★女性Webマガジン★

HOME マイスタイル ブログランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 5info ログイン

小鶴のこんな女はモテないのだ!

「こんな女はモテないのだ!!」Vol.1 小鶴

 

女性の「品格」が問われる時代――。 女性が素敵に思われるために必要な「核」っていったいなんなの?!街で見かけた・出会ってしまいガッカリした「残念」な女を徹底分析!! あなたは正直、モテない振る舞いをしてませんか?

 

■「正しいモテ方をするために」

 

モテる、モテない。 ただその言葉だけでは正直ピンとこない。 なので周りの男子に聞いてみることに。 だって「モテ」の基準は常に異性が決めるもの♪ だってだって、同性と異性の間には、たぶん世界がひっくり返っても 永遠に解り合えないという事柄が多いのです。 恋愛感がそのひとつ。 異性に向けて発信する「モテ要素」ずばり聞いてみましたよ〜

 

*** 「モテる女ってどんな女だと思う?」 聞いてみたら大抵の男子は 「それって遊ぶ女のこと?付き合う女のこと?」 と返ってくる……。何だその違い!!男って生き物の本性が むき出しになる答え。かろうじて女子の私もちょっと不愉快に思った。 でもいいや。 男子にとっての「モテる女」には二種類の意味があるわけか。 続けて聞いてみよう。

 

「んじゃ<遊ぶ女>は?」 「う〜ん。チヤホヤしたくなる女はやっぱり外見」 「服を脱がなくても見た目がアリな子」 「明るくて派手」 「重くなさそうな子」 「ちょっとバカな子」 「刺激になる子」 うう。ひどい言われようじゃないか!! なるほどね……。でも何となく解る気がする……。

 

■「悲しい現実……」

 

「んじゃ<付き合う女>は?」 「地味でもいいから自分がコントロールできる女」 「コントロールって言い方には語弊があるけど、すべて自分を受け入れてくれて 自分の都合に合わせてくれるような子じゃない?本音として」 「自分だけを見てくれる子」 それって<都合のいい女>じゃん!!

と思いつつも、もの凄く正直な答えなのかも知れない。

 

自分ことを第一に考えてくれて行動してくれる人は人間にとって必要だもんね。 「でもそんな<自分>がない子本当にいいの?」 「だから刺激のある<遊べる女>に目を向けるわけ(笑)」 悲しいかな。これが現実なのかも……。 でもさ、そんなバランスの取り方ってズルくない? 女子に対してあまりにも求めすぎではないかい?

 

あんたらのママじゃないんだからさ。 プンスカプンだい!!まったく。 「中にはいるでしょ?一人のひとを愛する<強さ>を持った男」 「ま〜いるとは思うけど…そんな奴ぜったいモテない男(笑)」 ん〜。それも解るよ。女子もちょっと危険な男が大好物だもん。 手ごわいわ。恐るべし男子。 ■「魅力的になりたい」 何だか男子に向けてだけの「モテる」っていうのがバカらしくなる。

 

だって女子が満たされるのは、やっぱり<対等な愛>だもん。 100自分が好きなら100相手にも好きでいて欲しいんだもん。 ああ。 最強の魅力溢れる女子になりたい!! じゃどんな女子が最強なの?! それは、さっきの話にもあった男子が求める 「自分も持ちつつ、相手に安心と刺激を与えられる女」 になること。これが最強なんじゃない?!ねっ!!そうでしょ?!

 

ではではそんな女になるためにどうしたらよいのでしょ〜か。 身近にいた「モテない女」を掘り下げて最強女子になるため皆で考えてみよう〜♪♪

■小鶴

■映像作家・ライター

■ブログ 「温かな桃〜小鶴の寝床〜」

■詳細を見る 5styleID : koduru

■福井新聞社特別企画「福井仁の一週間」(津田寛治さん主演) シナリオ・助演出。

■2003年まで女優として主に舞台を中心に活動。 現役JRA騎手との結婚を機に引退。 3歳になる一児の母でもある。 福井県ブランド大使。



運営会社  ご利用規約  個人情報保護  広告掲載について  各種募集のお知らせ  ヘルプ
Copyright(C) 2007-2012 Total theory Inc. All Rights Reserved.