酒ごはんコーディネーター 新倉ごまの『立ち飲み微学』★女性Webマガジン★

HOME マイスタイル ブログランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 5info ログイン

酒ごはんコーディネーター 新倉ごまの立ち飲み微学

立ち飲み微学1

 

 

立ち飲み微学2

 

 

立ち飲み微学3

 

 

立ち飲み微学4

 

 

立ち飲み微学5

 

 

立ち飲み微学6

毎度です!『女きき酒師』新倉ごまが貴女に贈る、優しい立ちのみの微学第10弾。

 

 

今回は東中野です。中央線快速は停まりませんが、新宿からも近くて程よいゆるい空気感ある街なのです。ただ、なかなかコレ!という目立つお店がないことは否めません(それだけお店同士も仲が良いということ)。東中野村とでも言いましょうか。そんな東中野にちょっと意外なお店を発見!

 

「Lievre(リエーブル)」さん。外観はオシャレ〜な感じですが、店内もシンプルな中にセンスが光ります。開店してまだ3年未満とは思えない落ち着きある空間。1枚板のカウンターでは立ち飲みの方の姿もあれば、奥の椅子席でゆっくりとお酒を楽しむ常連さんの姿も。

 

そうそう、お酒(日本酒はありません。残念)はフランスワインが主体ですが、お料理もフレンチを修業されたとあってお店の雰囲気にぴったりで、かつ手をかけたものが多いです。

 

お通しにイベルコ豚の生ハム!が出てきてびっくりしたのは私だけではないでしょう…素材へのこだわりは見れば分かるものですよね。

 

こんなにセンスの良いマスターには、是非積極的にお話ししてみましょう。(何たって「立ちのみ微学」始まって以来、最初で最後かも知れない?オシャレ感あるお店ですから笑)

 

例えば、タパスのこの白ムースはどうやって作るんですか?とか、トウモロコシはどちらからの取り寄せですか?とか、お店は何年目ですか?とか、マスターはお幾つですか?独身ですか?好みの女性は…オイオイ。その辺りは貴女にお任せしますが。

 

 

写真はご紹介できませんでしたが、有機野菜のサラダというメニューがありまして、富士山の麓の農家さんより取り寄せているそうです。滋味溢れる大地の味。

 

他にも、日本では珍しい血のソーセージ!?も自家製で。正式な調理道具がないため試行錯誤でこの形になったとか。全然生臭くなく重すぎないコクもあり、ミディアムタイプの赤ワインと合いそう(嬉)。

 

こうやって、マスターにお相手して頂きながら女性1人でワイングラスを傾けるのも悪くないですよね!…と、お向かいの素敵なカップルをちょっと羨ましく思いながら自分に言い聞かせるのもまたヨシ。

 

お二人の英語を交えながらの会話が、お店の雰囲気ととてもマッチしていたので思わず1枚撮らせて頂きました。どうぞこれからもお幸せに…

 

 

「Lievre」さんの最新の情報がなかなか見つけられませんでしたので、ここで現在の情報をお知らせします。営業時間は18時〜24時頃。月曜定休。貸し切り予約は応相談。03-5330-6556.どうぞごひいきに。

■新倉ごま

■酒ごはんコーディネーター

■ブログ 「酒ごはん。」http://ngoman.exblog.jp/

■詳細を見る 5styleID : 10010609

■第2回世界きき酒師コンクール「審査員特別賞」受賞。

■初心者向けの日本酒講座からお酒と料理をご提供する蔵元さんや飲食店さんの取材、メニュー開発まで、お酒と食について色々な角度から追究すべく活動中。



運営会社  ご利用規約  個人情報保護  広告掲載について  各種募集のお知らせ  ヘルプ
Copyright(C) 2007-2012 Total theory Inc. All Rights Reserved.