酒ごはんコーディネーター 新倉ごまの『立ち飲み微学』★女性Webマガジン★

HOME マイスタイル ブログランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 5info ログイン

酒ごはんコーディネーター 新倉ごまの立ち飲み微学

立ち飲み微学1

 

 

立ち飲み微学2

 

 

立ち飲み微学3

 

 

立ち飲み微学4

 

 

立ち飲み微学5

 

 

立ち飲み微学6

毎度です!『女きき酒師』新倉ごまが貴女に贈る、優しい立ちのみの微学第9弾。

 

 

今回は北区赤羽です。ちょっと埼玉の雰囲気も漂う北区ですが、実はこちらも朝から呑め…もとい、食事ができるお店が幾つかあるんです。そこで。好例のハシゴ酒ごはん。

 

派手な看板が目を引く1番街を目指します。更に右へ入るとちょっと静かなシルクロードの一角に小豆色の暖簾はためくおでん屋さんが…ハイ、こちらが噂の「健ちゃんおでん」こと『丸健水産』さんデス。ちょうどランチタイムですね。

 

小腹が減ってきました…「お持ち帰り?」「呑んで…いえ、食べていきます!」 爽やかな風がアーケード街を吹き抜け、下町の匂いを運んできます。昼・外・立ち。3つの条件はパーフェクトクリアです!?

 

まずは、お勧めから頂きましょう!こちらでは自家製おでん種の販売も、しています。んっ?立ち飲みも、しています。が正当でしょうか。一番のお勧めはハンペン。その滑らかな肌触りに触れる唇はとろけそう。

 

思わず齧りつくと、小ぶりな中にある旨味の凝縮感に驚かされながらもすぅっと溶ける舌触り。たまりません…(注:注文があってから出汁を煮含ませるため、少しお待ち頂きます)そうそう、こちらでは23区内唯一の酒蔵のお酒「丸眞正宗」が呑めるんですヨ。

 

 

さて、小腹も満たしたら…次のお店に元気をもらいに行きましょう!朝9時にはもう開店の『まるます家総本店』さん。看板は鰻と鯉ですが、一品物メニューがかなり充実!生ビールの大ジョッキがあるのも嬉しいですね。お店のオカアサン達もいつ行っても同じ顔ぶれで、安心・アットホームな雰囲気です。

 

メニューには日替わり物と定番物がありますが、時々すっぽん料理もあるようで、「すっぽんの生血」なんていうメニューもさりげなくホワイトボードに書かれていたり。鰻とすっぽんの生血…若返ります。季節のお刺身も鮮度が良くてリーズナブル。

 

注文するとすぐにお料理が出てくるので、一度に注文は控えましょう。(1階はカウンター席なので、自分のテリトリーが限られます)常連さん達が必ずと言っていいほど呑んでいるのが酎ハイ。「ジャン酎!」と言えばナント、1リットルのボトル酎ハイが出てきます。ちなみに「チビ酎」はかわいいミニボトル。

 

ランチタイムはお得な鰻丼で締めるのも○。もちろん、お持ち帰り鰻もあります。(鰻販売の支店あり) 活気のある店内は、昼酒ごはんを楽しむお客さまでいつも一杯です!さあ、貴女も慣れてきたところで赤羽散策いかがでしょうか。

 

 

立ちのみシリーズでのご紹介とは言っても座れますから、たまには休日のランチをこんな感じで楽しんでみては?ゆっくり楽しんでいても、混んできた場合には速やかにお待ちの方に席を譲りましょう。大丈夫!赤羽には、カウンター席の魅力的なお店がまだまだ沢山ありますから(笑)。

■新倉ごま

■酒ごはんコーディネーター

■ブログ 「酒ごはん。」http://ngoman.exblog.jp/

■詳細を見る 5styleID : 10010609

■第2回世界きき酒師コンクール「審査員特別賞」受賞。

■初心者向けの日本酒講座からお酒と料理をご提供する蔵元さんや飲食店さんの取材、メニュー開発まで、お酒と食について色々な角度から追究すべく活動中。