酒ごはんコーディネーター 新倉ゴマの『立ち飲み微学』★女性Webマガジン★

HOME マイスタイル ブログランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 5info ログイン

酒ごはんコーディネーター 新倉ゴマの立ち飲み微学

立ち飲み微学1

 

 

立ち飲み微学2

 

 

立ち飲み微学3

 

 

立ち飲み微学4

 

 

立ち飲み微学5

 

 

立ち飲み微学6

初めまして!きき酒師の新倉ゴマと申します。きき酒師とは?いわば、日本酒のソムリエールですね。もしかしたらちょっと貴女のお役に立つかもしれない『女きき酒師流』立ち呑みの楽しみ方をご紹介したいと思います。まず、貴女は立ち呑み屋さんに入ってみたい!と思ったことがありますか?ここで、NO!の方もまま、もう少しお付き合いください。では、なぜNOなのでしょうか?

 

原因1.入り口がいかにも入りにくそうだから。

原因2.お客の層がおじさんばかりだから。

原因3.料理も品薄で悪酔いしそうなお酒しかないから。

原因4.清潔感に欠けるイメージがあるから。

原因5.店主もなんだか頑固で恐そうだから。

 

・・・うら若き女性が飛び込むには、ハードルが高そうな状況が揃いましたね。この5つの原因をクリアすることにより、初めてでも立ち呑みを満喫できるハズですね。そこで!初心者大歓迎の本日オススメ立ち呑みは三鷹駅より徒歩3分、前身は昭和8年創業の酒屋。立ち呑み屋歴57年の老舗『大島酒場』さんです。

 

まずは、店構えです。初立ち呑みではシブ〜イ縄のれんや赤提灯は逆に緊張が増してしまうので避けましょうか。 中の様子が感じ取れる位の窓があり、センス良い暖簾に好感が持てればもう大丈夫。 さり気なく入りましょう。「コンニチハ〜」何て挨拶しながら入ると溶け込み易いですね。

 

立ち呑み屋さんは開店がちょっと早めなお店が多いようです。こちらは15時開店。ほぼ毎日の大常連チームは早い時間帯に集まるそうです。彼らはお店の大抵のことは知っています。早めの入店で大常連さんと仲良くなってしまいましょう。皆さんきっと、初顔の貴女に優しくしてくれることでしょう。

 

更に時間帯に依って客層も変化します。決してオジサンばかりではありません。17時を過ぎた頃から、スーツ姿のジェントルマンや20代の若人の姿もちらほら。子連れだってOKです。立ち呑みというからにはスタンディングが基本ではありますが…ご心配なく。こちらではテーブル席も、奥にはお座敷もあるのです。

 

遠慮なくお座りください。お店の暖簾にあるように、売りは新鮮な魚介とその都度揚げたての天ぷら。仕入先もしっかりしています。お刺身類は本当にオススメ!三代目の揚げる天ぷらも日替わりで大好評です。元々酒屋さんだけあって、ビール、酎ハイ、ワイン、季節の日本酒と色々揃っています。本日の私の一押しはマテ貝焼き。

 

醤油と貝の旨味が相まって、ちょっと濃い目のお酒が欲しくなりそうです。お燗酒はヤカンで直火燗。ヤカンの底を掌で触って温度を確認します。さすがプロですね! カウンター内で二代目店主(67)と三代目(38)が手際よく仕事する様子が良く見えるのですが、油を使ったり、洗い物もしたりするキッチンのなんてきれいなこと!ヤカンだって毎日磨いてピカピカです。

 

カウンター上もお酒をこぼした跡も残らず、現在のお店の改装前から40年以上も受け継がれ、未だに健在なのですから。 そして、現三代目店主。実はサーファーです。健康的な肌に白い歯が爽やか。こんな店主ならば貴女も是非、カウンター越しにお話してみたいと思いませんか? さあ、これで5つの原因はクリアできましたね!思い切って入ってみようかしら…と思って頂けましたか?

 

立ち呑み屋さんの良いところは1品1杯だけでも、10分でさっと帰っても変に思われないところ。相性がありますからね…お品書きが日替わりのように、来客だって日替わりです。何度かお会いして仲良くなるお客様も居るかもしれませんね。まずは、「コンニチハ〜」と思い切ってその暖簾を潜ってみませんか?お試しあれ…

 

■新倉ごま

■酒ごはんコーディネーター

■ブログ 「酒ごはん。」http://ngoman.exblog.jp/

■詳細を見る 5styleID : 10010609

■第2回世界きき酒師コンクール「審査員特別賞」受賞。

■初心者向けの日本酒講座からお酒と料理をご提供する蔵元さんや飲食店さんの取材、メニュー開発まで、お酒と食について色々な角度から追究すべく活動中。