ファイブマガジンは笑う!知る!学ぶ!★★WEBエンターティメントマガジン★★

ファイブスタイル

HOME マイスタイル ファイブランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 5info ログイン

駄目男体験記

Vol.5 がっつく恋じゃなく、まずは自分の人生を楽しむべし。

これはよく行くバーで会った、ある男性の話です。彼(Sさん)が私と会って数秒後に言ったのは「誰かいい子、いない?」。…おいおい、初対面だっつーの。仮にいたところで、私は大事な友達を初めて会った酔っぱらいには紹介しません(笑)

その後もことあるごとに「寂しいんだよ〜」を連発し、「明るくてエロい子、知らない?」だの「俺と沖縄でみやげ物屋をやってくれる子、いない?」だの、うるさいったらありゃしない。「だからいないってば!しつこい!」とその寂しいSさんにいちいち応じながら話をしている内に、ちょっとずつ会話をすることができました。

 

3か月前に恋人と別れたらしいSさん、あまりいい終わり方をしなかったようです。相手の女性が心を病み、そこを酌み取れなかったことがきっかけだったそう(最近、この手の話がとても多いです。なんでなんだろう)。 Sさん自身も恐らく心身ともにくたびれきってしまったのでしょう。相手の女性と一緒にいることにも、彼女を理解することができない自分にも。

 

でもねぇ。まだ別れてからたった3か月だよ!?しかも「別れた彼女を見返してやりたいんだよ」なんて言ってるの。 個人的な意見ですが、別れた恋人の幸せを願えない人には、まずいい恋は訪れません。相手の悪口なんてもってのほか。一度でも好きだった人なら、どんな終わり方をしてもそれが愛だと思うんだ、私は。

 

そして“この寂しさを埋められるのは女(女性だったら男)しかいない”と思っているような人もダメ。利用しようとしたところで、逆に利用されてしまうのがオチです。喪黒福造みたいにね(by笑うせえるすまん)。 もちろん別れた直後はツライでしょう。何を見てもどこへ行っても思い出してしまって、胸が締めつけられることも多いでしょう。でも終わりを認めて、きちんと浄化しないと。相手のためにも、自分のためにも。

 

なんだか男女を問わず、こういう人がすごく多い気がします。恋をしていないと、生きていられない、といったところでしょうか。ほとんど“依存症”に近い気がしてならない。 私が知るこういうタイプの人は、隣に誰かがいない寂しさに耐えきれず、次から次へと相手を換えていきます。

 

情はあっても心から好きな相手じゃないから、続かないんでしょうね。わかっているだけに自己嫌悪に陥る人もいれば、それに気づいていない人もいる。 こんなことを続けている限り“いい子”は現れないと思うんだけどなぁ。

 

何よりもまずは、自分が生きている毎日を楽しまないと。仕事もそうだし、趣味にしてもひとりでしかできないことや、同性の友達としか楽しめないことって結構いろいろあると思う。 自分の心を満たせない人には、たぶん、誰かの心を満たすこともできません。なーんてね。ちょっと今回は偉そうに書いてみました。苦情は受け付けませんので、悪しからず!

  • Writing カサイミノリ
    恋愛に育児、健康モノ、エンタメ系など渡って活動中のフリーライター